さっちんきっちん

タグ:レシピ ( 30 ) タグの人気記事

<recipe> お手軽なすのトマトソースドリア風

b0245180_12441521.jpg


なす 2本
ウインナー 3本
トマトソース 1/2カップ

コショウ
とろけるチーズ 適量
ごはん
ミックスハープやパセリなど 適量

①なすとウインナーをサイコロ状に切る。
②フライパンでなすとウインナーを炒め、トマトソースを加え、塩コショウで味を整える。
③耐熱容器にごはんを入れ、②の具を重ね、チーズを乗せる。
④220℃のオーブンで10分ほど焼く。
⑤ミックスハーブやパセリをふって出来上がり♪

ごはんにはなにも味付けせず、ベシャメルソースも使ってないので、お手軽なドリア風。
なすの水分と、トマトソースでごはんにも味が絡んで美味しいです♪
具はごはんにのせるので、塩コショウは普段のお惣菜より強めにしたほうが味がしっかりします。
ウインナーの代わりにベーコンでも、玉ねぎやセロリなどを足しても美味しい!
[PR]
by sacchin_110323 | 2013-10-23 13:49 | おうちごはん:ブランチ

<recipe> なすの日向夏ごしょうマリネ

b0245180_1425140.jpg


なす 3本
マリネ液
 日向夏ごしょう 小1/2
 酢 大3
 塩 少々
 砂糖 少々
 オリーブオイル 大3

①なすは乱切りにして水にさらしたあと、レンジで柔らかくなるまで加熱する。
②マリネ液を混ぜ合わせ、なすが熱いうちに絡め合わせる。

しばらくおいてなじませるとおいしいです。
あら熱がとれたぐらいでも、冷蔵庫で冷やしてもおいしい♪

日向夏ごしょうがなければ、柚子胡椒でもおいしいと思います〜。
[PR]
by sacchin_110323 | 2013-10-17 14:29 | つくりおき

<recipe> しょうがミルクプリン

b0245180_14312294.jpg


しょうがの絞り汁 大1
牛乳 350cc
水 20cc
はちみつ 小1
砂糖 大1
粉ゼラチン 4g
クコの実

①粉ゼラチンを水でふやかす。(水の分量は箱の指示どおりに)
②しょうがの絞り汁・牛乳1/3分量・はちみつ・砂糖をボウルにいれ、レンジで1分加熱する。
③よく混ぜたら、ふやかしたゼラチンを加え、さらに混ぜて溶かす。
④残りの牛乳・水を加え、漉す。
⑤器に入れて、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。クコの実を水で戻して飾る。


今日は暑いですねー。
窓際にいると、熱をはらんだ空気が入ってきます...。
体がだるくなってきたので、のどごしのいいデザートを作りました♪
甘めなので、砂糖を少し減らしてもいいかも。
[PR]
by sacchin_110323 | 2013-05-14 14:47 | スウィーツ

<recipe> ラムボール

b0245180_13245181.jpg


スポンジ生地 250g
板スイートチョコレート 100g
レーズン 30g
アーモンドパウダー 120g
生クリーム 大3
ラム酒 大3
ココアパウダー 適量

①レーズンを、ラム酒(分量外)・湯につけて少し戻し、粗く刻む。
②スポンジ生地は細かくくずし、チョコレートは刻む。
③スポンジ、チョコレート、アーモンドパウダーを混ぜる。
④③に、レーズン、生クリーム、ラム酒を加え、よく混ぜる。
⑤一口大に丸め、ココアパウダーをまぶし、アルミホイルで包む。

スポンジ生地の代わりに、カステラでもおいしく作れます。
チョコレートは細かく刻んだり、少し粗く刻んだりすると食感に変化がつきます。
レーズンはラムレーズンがあれば、粗く刻むだけでokです。
お酒が苦手な方はラム酒を入れなくても、好きな方は少し増やしても!

出来立てより、翌日のほうが味がなじんでおいしいです♪
翌日になると、ココアパウダーもしっとりするので、多めにまぶしておくといいですよ☆
[PR]
by sacchin_110323 | 2013-03-02 14:57 | スウィーツ

<recipe> 蒸し鶏のネギソース

b0245180_23485220.jpg


鶏ムネ肉 2枚
 塩・酒 少々
ネギ 青い部分適量
しょうが 適量
きゅうり・玉ねぎ・レタスなど 適量
ネギソース
 長ネギ 1本
 にんにく 1かけ
 豆板醤 小2
 砂糖 大3
 しょうゆ 大4
 酢 大3
 ごま油 大2

①鶏ムネ肉は、塩・酒それぞれ少々で下味をつける。耐熱皿に並べてネギのちぎった青い部分、うすぎりにしたしょうがをのせ、ふんわりラップをし、電子レンジで7分ほど加熱する。ラップをしたまま冷まし、あら熱が取れたら細かく裂く。
②きゅうり・玉ねぎ・レタスなどは食べやすく切っておく。
③ネギソースの長ネギ、にんにくはみじん切りにする。
④フライパンにごま油を熱し、にんにくを炒める。香りが出たら長ネギを加えてひと混ぜする。豆板醤、砂糖、しょうゆ、酢を加え、煮立たせる。
⑤器に野菜をしき、鶏肉をのせ、ネギソースをかける。

豆板醤は他の調味料より先に加え、少し火を通すと香りが出るのでオススメ。
鶏ムネ肉のほか、白身魚やお刺身などにも合うかもしれません。
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-12-29 00:01 | おうちごはん:ディナー

<recipe> グレープフルーツのジャム

b0245180_21152540.jpg


グレープフルーツ 750g(小さめ5コ)
砂糖 250g
レモン汁 大2

①グレープフルーツを房からはずす。
②鍋にグレープフルーツと砂糖を入れ、強めの中火にかける。
③好みの硬さになったら、レモン汁を加え、ひと混ぜしたら出来上がり。


かんきつ類なので、マーマレードと似た味になります。
グレープフルーツは果汁が多いので、砂糖を加えてすぐ火にかけて大丈夫です。
けっこうアクが出るので、丁寧に除くと透明感のあるジャムに仕上がります。

保存を考えて上記の砂糖を加えたけど、もう少し甘みが少ないほうが好みかなー。
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-10-12 21:21 | つくりおき

<recipe> りんごはちみつジャム

b0245180_1355407.jpg


りんご 小玉4コ(700g)
砂糖 220g
はちみつ 30g
レモン汁 大2

①りんごは皮付きのまま、いちょう切りにする。
②鍋にりんご、砂糖、はちみつをいれ、火にかける。最初は弱め、水分が出てきたら強めの中火で。
③仕上がり直前にレモン汁を加え、ひと混ぜする。


はちみつの甘さ&香りがします。
はちみつ好きの方はぜひ。

仕上がりの硬さはお好みで。
りんごの形を残したかったので、皮付きのままにし、途中あまり混ぜないようにしました。

鍋に材料を入れる前に、耐熱ボウルにいれ、少しレンジで加熱して水分を出してから火にかけると焦げ付く心配がないのでいいですよー。
水分を出す時間がないときにもオススメです。

シナモンがきれてたので、次回はシナモン入りで作りたいなー。
けっこう甘い仕上がりになったので、次回はもう少し甘みを減らそうかな。
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-10-01 14:07 | つくりおき

<recipe> 穂じその保存

b0245180_1284297.jpg


①穂じそを手でしごいて取る。
②さっと洗い、熱湯でさっと茹でる。
③冷水でさっと洗い、水気を絞る。
④キッチンペーパーなどの上で乾かし、保存袋に入れて冷凍庫で保存。

近くのスーパーの八百屋に穂じそが出てました~。
おばさんに聞くと、「さっと茹でて冷凍するといいよー!」とのこと。
塩漬けで保存する方も多いようですが、教えてもらった方法で保存してみました。
茹でても色も変わらず、水分をかなりとって冷凍したので、パラパラに冷凍できました。
浅漬けにまぜたり、天ぷらの衣に混ぜたり、吸い口にしたり、いろいろ使えそうです。
冷凍しても、香りも飛ばないので、けっこうオススメです♪
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-09-20 12:16 | つくりおき

<recipe> なすの洋風ナムル

b0245180_13193534.jpg


なす 3本
アンチョビ 2~3本
にんにく 少量
オリーブオイル 大1
パセリ 適量

①焼きナスを作り、竹串で縦に裂く。
②アンチョビ、にんにく、パセリはみじん切りにする。
③フライパンにオリーブオイルを少量熱し、にんにく、アンチョビを軽く炒める。ボウルに取り出し、残りのオリーブオイルと混ぜる。
④ボウルに焼きなすを加え、混ぜ合わせる。器に盛り、パセリを散らす。


Tomyさんから教わったレシピです。
おいしそうな美しいお料理写真をたくさんブログに載せていらっしゃいます。かーわいい猫ちゃんも時々登場♪
Tomyさんはたぶんアンチョビをそのまま加えていらっしゃると思うのですが、
ダンナが「アンチョビが苦手・・・」というので、火を入れてみました。
アンチョビが苦手じゃない方は、そのままでもおいしいです!
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-09-04 13:36 | おうちごはん:ディナー

<recipe> 豚のピリ辛ゴマだれ焼き

b0245180_15162395.jpg


豚ロース肉 400g
漬けだれ
 練り白ゴマ 大1・1/2
 酒 大1
 しょうゆ 大2
 みりん 大1
 豆板醤 小1
サラダ油

①漬けだれを混ぜ合わせ、豚肉にまぶす。20分ほど漬ける。
②フライパンに油を熱し、中火で豚肉を焼く。
③豚肉に火が通ったら、残った漬けだれを加え、さっと絡める。

漬けだれが焦げやすいので、途中で時々キッチンペーパーでふき取ってください。
冷めてもおいしいので、お弁当にもオススメ。
[PR]
by sacchin_110323 | 2012-08-15 15:30 | おうちごはん:ディナー